適応疾患例 · 18日 9月 2020
関節リウマチ(RA)は免疫系細胞が間違えて様々な関節の滑膜を攻撃した、自己免疫疾患です。 この疾患は炎症の基本的な症状、熱、痛み、赤み、腫れ、障害された関節の機能の低下を引き起こします。関節包の中の炎症は、関節軟骨を破壊し関節包を引き伸ばします。それによってRAを患った関節はひどく傷つきます。...
適応疾患例 · 18日 9月 2020
神経痛とは特定の末梢神経の支配領域に急に起こる激しい痛みのことを言いま...
適応疾患例 · 17日 9月 2020
頸肩腕症候群は、腕や肩、首、背中などの痛みや感覚異常などの総称です。長時間にわたり、同じ作業を続けていると、首や肩、背中、手首などが痛むことはありませんか。 それらの部位が過労で痛むことを、広く頚肩腕症候群と呼んでいます。...
適応疾患例 · 17日 9月 2020
浮腫は組織間に過度の水分が貯留した状態を言い、通常炎症や循環の低下が関係しています。一般に 間質液が正常値の30%増になると浮腫が顕著になります。 浮腫の原因はいくつかありますが、最もよく見られるものに化学的、および機械的要因があります。 機械的要因には弱くなった心臓、リンパ管や静脈還流の物理的な障害があります。...
ブログ · 16日 9月 2020
秋に起こりやすい天気による不調、『気象病』
今年ももう9月。あと3分の1しかないと考えると、本当にあっという間ですね。今年の夏は暑さが厳しいと言われていましたが、それは残暑期間まで続くようです。ピークは過ぎたとはいえ、熱中症の危険性がまだまだ高いので注意してくださいね。とはいえやはり秋、夜になると気温が下がることが多いので、体の冷やし過ぎも禁物ですよ。
適応疾患例 · 15日 9月 2020
骨粗鬆症とは、「多孔性の骨」を意味します。この疾患に罹患すると、骨が生成されるよりも早く吸収されてしまうため、骨が細くもろくなり、骨折しやすくなります。...
適応疾患例 · 14日 9月 2020
中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩が疑われます。ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。...
適応疾患例 · 13日 9月 2020
腰痛症は、腰が痛くなる病気です。日常生活での思い当たる原因は重い荷物を持ち上げたから、座り仕事・立ち仕事を長時間したから、月経前・月経中だからなど様々あると思います。...
ブログ · 12日 9月 2020
「好転反応」とは東洋医学で使われる言葉で、漢方薬や鍼灸マッサージなどで治療する過程で体に生じる一時的な症状のことを言います。瞑眩(めんげん)反応とも言い、症状が良い方へ転ずる時に起こる一時的な身体の不調のことをいいます。...
ブログ · 10日 9月 2020
自然音の癒しのパワー
虫の音はうつ状態や自律神経失調症の改善に効果があると言われています。 夏は外気温と部屋の温度が違いすぎるため、その対応に追われて自律神経のバランスが崩れやすいのです。どうも調子が悪い・・・という方は、夏の暑さで自律神経が乱れているのかも。 涼しい秋の夜に虫の音に耳を傾けて自然音の癒しのパワーを受けてみませんか。

さらに表示する