適応疾患例

適応疾患例 · 30日 10月 2020
白内障は目の水晶体の機能不全と関連があります。水晶体は、水分と高度に組織化されたたんぱく分子で成り立っています。正常に機能していると、光は目の網膜にはっきりと届き、映像を映し出すために神経インバルスヘ伝えられます。ところが水晶体内のたんぱく質が変性し始めると、水晶体は濁り始め変色します。すると光が網膜まで届かなくなるため、視力が低下し、完全に不鮮明になります。 大抵の白内障は年齢に関係があります。一般的に、限られたたんぱく質の変性は40歳代から50歳代頃から始まりますが、損傷が進んで症状として現れてくるのは60歳代から70歳代が多いです。白内障になるその他の要因には、緑内障の既往症がある家族やその本人、糖尿病、喫煙、目の外傷、長期にわたるステロイド系抗炎症薬の使用、あるいは放射線にさらされたことなどがあげられます。
適応疾患例 · 29日 10月 2020
緑内障とは、眼球の房水が増え、視神経損傷を引き起こしている状態の時に使われる包括的用語です。通常は閉塞隅角緑内障または開放隅角緑内障として分類されます。一般的に、緑内障は房水を排 出する管が遮断されるか、管は詰まっていないが、房水が排出されるよりも産生量の方が多くなり、 それが蓄積されることで病状が進行します。
適応疾患例 · 28日 10月 2020
膵炎とは、膵臓の炎症であり、膵管の閉塞によって発症することが多い。膵管に閉塞が起こったり、嚢胞や腫瘍が生じたりすると、膵臓から分泌される消化酵素が膵組織自体を破壊してしまうことがあります。これを自己消化と呼びます。...
適応疾患例 · 26日 10月 2020
大腸がんは、大腸が上部へと伸びる右側部分から直腸に至るまでのどの部位にも腫瘍ができます。大腸がんの大半は腸にできる小さなポリープである腺腫から始まります。ポリープが長期間存在すると、良性腫は悪性となり、細胞深部あるいはリンパ系へ侵入します。クローン病や潰傷性大腸炎の病歴を持つ人は、一般の人よりも大腸がんになる危険性が高くなります。
適応疾患例 · 25日 10月 2020
前立腺は、膀胱の中に位置するドーナツ型の腺で、男性の尿道を取り囲んでいます。精子の運動性と 生存能力を持たせるための液体を作りだし、膀胱からの尿の排池も担います。ほとんどの男性は年をとると前立腺の肥大を経験する(すなわち良性前立腺肥大症)。しかし、時にはがんが原因の場合もあります。...
適応疾患例 · 24日 10月 2020
ジストニアは、不随意で、時には痛みのある骨格筋の収縮が生じる運動障害に属する疾患の一種です。ジストニア患者では、大脳基底核内の運動をつかさどる部位にある様々な神経伝達物質が機能不全な状態です。ジストニアは1カ所の筋肉や部位に病変が生じるものから、全身に発症する場合 まで広範囲におよびます。...
適応疾患例 · 23日 10月 2020
甲状腺がんは、甲状腺の悪性細胞が発達したものである(甲状腺ホルモン産生細胞もカルシトニン産生細胞も変異し増殖する)。甲状腺結節や嚢胞とは、がん細胞が通常リンパシステムを通って他の組織に広がるという性質で鑑別されます。...
適応疾患例 · 21日 10月 2020
良性前立腺肥大症(BPH)ともよばれ、成人男性の前立腺が肥大する病気です。この場合の「肥大」とは、前立腺がんではないため、「良性」との名称が付いています。 前立腺の肥大は中高年の男性によく見られますが、その症状を見過ごす人は多いです。そのせいで初期の前立腺がんの多くを見落としがちになるのは問題です。...
適応疾患例 · 21日 10月 2020
骨軟化症もしくは「骨軟化」とは、有効なカルシウムやリン酸の欠乏のため十分に骨ミネラル化が行われなくなり、骨折のリスクに繋がる代謝異常を指します。幼児期に発症した骨軟化症は、「くる病」とも呼ばれます。...
適応疾患例 · 19日 10月 2020
敗血症とは、感染症が全身に影響をおよぼして引き起こされる重篤な一連の病態の包括的用語です。血液中毒とも呼ばれ、ウイルスや菌類も原因となり得ますが、最も一般的なものは細菌です。 敗血症は、血流に入り込んだ感染体によって引き起こされます。感染性の病原体はしばしば内部から...

さらに表示する