適応疾患例

適応疾患例 · 18日 9月 2020
関節リウマチ(RA)は免疫系細胞が間違えて様々な関節の滑膜を攻撃した、自己免疫疾患です。 この疾患は炎症の基本的な症状、熱、痛み、赤み、腫れ、障害された関節の機能の低下を引き起こします。関節包の中の炎症は、関節軟骨を破壊し関節包を引き伸ばします。それによってRAを患った関節はひどく傷つきます。...
適応疾患例 · 18日 9月 2020
神経痛とは特定の末梢神経の支配領域に急に起こる激しい痛みのことを言いま...
適応疾患例 · 17日 9月 2020
頸肩腕症候群は、腕や肩、首、背中などの痛みや感覚異常などの総称です。長時間にわたり、同じ作業を続けていると、首や肩、背中、手首などが痛むことはありませんか。 それらの部位が過労で痛むことを、広く頚肩腕症候群と呼んでいます。...
適応疾患例 · 17日 9月 2020
浮腫は組織間に過度の水分が貯留した状態を言い、通常炎症や循環の低下が関係しています。一般に 間質液が正常値の30%増になると浮腫が顕著になります。 浮腫の原因はいくつかありますが、最もよく見られるものに化学的、および機械的要因があります。 機械的要因には弱くなった心臓、リンパ管や静脈還流の物理的な障害があります。...
適応疾患例 · 15日 9月 2020
骨粗鬆症とは、「多孔性の骨」を意味します。この疾患に罹患すると、骨が生成されるよりも早く吸収されてしまうため、骨が細くもろくなり、骨折しやすくなります。...
適応疾患例 · 14日 9月 2020
中高年になると、特に原因がないのに肩に不快感や痛みを覚えることがあります。肩が痛くて腕が上がらなくなったり、手が後ろに回らなくなったりしたら、五十肩が疑われます。ある日、突然、肩関節に激しい痛み、あるいはしびれが起きることによって発症します。...
適応疾患例 · 13日 9月 2020
腰痛症は、腰が痛くなる病気です。日常生活での思い当たる原因は重い荷物を持ち上げたから、座り仕事・立ち仕事を長時間したから、月経前・月経中だからなど様々あると思います。...
適応疾患例 · 09日 9月 2020
筋麻痺は一般的には、四肢(両手、両足)などの筋肉が完全に機能を喪失していることや、感覚が鈍ってる状態をいいます。 例えば運動しようとしても、四肢 などに十分な力の入らない、四肢の感覚が鈍く感じる状態、またはまったく動かすことができない、感覚がまったく感じられない状態のことをいいます。
適応疾患例 · 08日 9月 2020
進行性核上性麻痺:基本的には体のこわばりを覚え、転倒するリスクが高くなる病気ですが、パーキンソン病や関節リウマチなどと同じように国の難病指定となっています。
適応疾患例 · 08日 9月 2020
パーキンソン症候群はパーキンソン病とは少し違います。パーキンソン病=パーキンソン症候群ではありません。パーキンソン症候群はもっと幅広く、「パーキンソン病のような症状を示すいろいろな病気」が含まれます。

さらに表示する