· 

食べ過ぎ注意!チョコレートで健康改善

2月といえばバレンタインデー。普段チョコレートを食べない方でも、この時期は食べる方も多いのではないでしょうか。実はチョコレートにはポリフェノールという抗酸化物質が豊富に含まれています。カカオポリフェノールには健康に対してさまざまな良い効果があると言われていますが、一方で食べ過ぎには注意が必要です。今回はこの時期気になる糖分の摂りすぎ対策もご紹介します。


食べ過ぎ注意!チョコレートで健康改善

近年、チョコレートは栄養価が高く体に良い食べ物として注目されています。なかでも、多くのメーカーが販売している「ハイカカオチョコレート」はカカオポリフェノールが豊富で健康効果が期待できると人気です。どのような効果があるのかご紹介します。

◎美肌効果、動脈硬化予防に!

以外に思えるかもしれませんが、カカオポリフェノールには身体の内側、外面の両方を若く保つ効果があります。「活性酸素」を抑制しシミやシワを防ぐ効果や、動脈硬化を引き起こす原因のひとつである「悪玉コレステロール」の働きを阻害する効果があるのです。チョコレートの精神安定・リラックス効果もこのカカオポリフェノールによるものですよ。

◎食物繊維も豊富!お通じにも効果的

チョコレートの原料であるカカオには、食物繊維の一種であるリグニンが豊富に含まれています。腸の運動を活性化するリグニンは便通を良くし、腸内環境の正常化に効果的です。他の甘味と比べて満腹感を得やすいため、ちょっとしたおやつには最適ですね。

◎脂肪燃焼!テオブロミン

チョコレートの苦み成分の元でもあるテオブロミン。血流アップや興奮を促す作用から、脂肪を燃焼し体重増加を押さえる働きが見込めます。このテオブロミンを多く含む食べ物はカカオのみです。

 

このように、チョコレートには若さを保つたくさんの成分が含まれており、美容と健康の大きな味方です。しかし、いくらチョコレートが身体に良いとはいえ、チョコレート製品にはお砂糖をたくさん含むものも多く、またカカオ自身も脂質を多く含みます。食べ過ぎは肥満や糖尿病といった生活習慣病の原因になるので、1日30g程度を目安にすると良いでしょう。


当院は我孫子、天王台、柏、取手、守谷市を中心に訪問マッサージを提供しています。歩行困難な方、寝たきりの方などを対象にご自宅でリハビリ医療マッサージが受けることができます。ご家族の介護負担の軽減にも繋がります。医療保険が適用になりますので、家計へのご負担が少なくご利用できます。無料にてお試し体験ができますので、当院までお気軽にご電話下さい。