· 

生活習慣を見直して糖尿病を予防しましょう

寒さも相まってつい家にこもりがち……なんて方も多いのではないでしょうか?そんなときはテレビなどをみるちょっとした時間に行う「ながら運動」がぴったり。筋肉を動かすだけで身体がポカポカしてきますよ。椅子をバランスボールに変えるのもおすすめ。体幹を鍛えることができます。生活をちょっと工夫して、賢く身体を鍛えましょう。


生活習慣病の一つである糖尿病。名前に「糖」の字が入っていることから、甘いものの食べ過ぎが原因だと思われがちですが、決して砂糖の摂りすぎだけが原因ではありません。糖尿病の原因となるのは「糖質」。糖質はご飯やパン、麺などの主食にたくさん含まれるので、食べる量が多い人ほど糖尿病のリスクは上がります。

◎食事で血糖値を下げる!

食事で血糖値を下げる!

糖尿病の原因は血糖値が上昇すること。糖質は主食に多く含まれるため、食べる量が増えれば増えるほどハイリスクになります。注意したいのは「食事時にご飯やパンをおかわりする」方や「野菜や海藻をあまり食べない」方です。

 

ご飯やパン、麺などの主食をたくさん食べる方は、まず食べる量を意識して減らしましょう。とは言ってもいきなり主食を断つことは難しいと思いますので、10%糖質を減らしましょう。無理なく続けることができるはずです。まさに「生活習慣改善」ですね。

また、野菜や海藻をあまり食べない方は、「食物繊維」が不足しがちに。食物繊維は腸の中に長く留まり、血糖値の上昇を緩やかにしてくれるため、糖尿病予防の強い味方です。野菜や海藻のほか、きのこなども効果的ですよ。

 

◎運動で血糖値を下げる!

糖尿病予防には運動も効果的です。食事によって吸収された糖は血液をめぐり、肝臓や脳、筋肉で消費されます。逆に言えば、筋肉を意識した運動を行えば筋肉増強も見込めるので筋肉を増やすチャンスです。そこで今回は筋肉トレーニングの王道、スクワットのやり方をご紹介します。

 

<スクワットのやり方>

スクワットは下半身や体幹を鍛えることができるトレーニングです。柔軟性や安定性も増すので、老若男女におすすめできます。

 

両脚を肩幅ぐらいに広げてまっすぐ立ったら、股関節を曲げ、おしりを落とすように膝を曲げます。このとき大切なのが膝から曲げないことと、膝をつま先より前に出さないこと。膝を痛める原因になります。胸を張った状態を維持しましょう。太ももと床が平行になるまで腰を落としたら、ゆっくりともとに戻します。

 

回数は最初のうちは50回ほどがおすすめ。10回を1セットとし、セットの合間には2~3分のインターバルを設けます。ゆったりと呼吸をし、息を止めないようにしましょう。

 

生活習慣の中にちょっとした運動を取り入れるだけで、糖尿病だけでなく肥満などの予防につながります。運動には気分転換やストレス解消につながる効果も高いので、こころの健康を保つためにもうってつけです。ぜひ毎日のルーティンに組み込んでみてください。


当院は我孫子、天王台、柏、取手、守谷市を中心に訪問マッサージを提供しています。歩行困難な方、寝たきりの方などを対象にご自宅でリハビリ医療マッサージが受けることができます。ご家族の介護負担の軽減にも繋がります。医療保険が適用になりますので、家計へのご負担が少なくご利用できます。無料にてお試し体験ができますので、当院までお気軽にご電話下さい。