· 

健康と紫外線~正しい予防と日光浴~

日光浴は、心身のバランスを正常に維持するために、また、骨の形成に、必要不可欠なものです。しかし、日光を浴びすぎると、紫外線による健康への悪影響があることも分かっています。

 

紫外線を浴びすぎると、「シミやしわの原因になる」ということは、皆さんもよくご存知でしょう。その他にも、腫瘍の原因になることがあります。

 

また、他にも見過ごせないのは「」への影響です。

UV-B波により、目の水晶体に含まれるたんぱく質の変性や水分量の変化が起き、日本人に多い皮質白内障を進行させるといわれています。

 

紫外線対策として、「①帽子をかぶる」「②日傘をさす」「③サングラスをかける」「④日焼け止めを塗る」「⑤保湿ケア」を心がけ、しっかりとケアしましょう。

 

ただ、冒頭でもお伝えしているように、紫外線=悪者というわけではありません。骨粗しょう症の予防に必要とされるビタミンDを体内で作るには、紫外線が必要です。

紫外線を浴びることが悪いのではなく、浴びすぎることが悪いのです。

 

良い影響と悪い影響、表裏一体と言える紫外線。リスクを最小限に抑えながら、必要な日光浴をするようにしたいですね。


あびこ訪問マッサージは我孫子市、柏市、取手市を中心に在宅医療マッサージを提供しています。歩行困難な方、寝たきりの方などを対象に家にいながらリハビリ医療マッサージが受けることができます。医療保険が適用になりますので、家計へのご負担が少なくご利用できます。当院までお気軽にご相談下さい。